広報に活かす!トレンド情報をリサーチする5つの方法&分析する3つの方法

広報擔當者にとってトレンド情報をキャッチし、分析する習慣は欠かせないものとなっています。流行の移り変わりが早く、様々なメディアに情報が分散しているため、どのようにトレンド情報をキャッチし、活用すればいいかわからない方もいるでしょう。

本記事では、広報活動をするうえで知っておきたいトレンド情報の見つけ方や分析の仕方、情報の活用方法をポイント別にご紹介します。

広報が知っておきたい、トレンド情報の5つの探し方?見つけ方

まずは、トレンド情報の探し方について紹介します。

トレンド情報は特性の異なる媒體?ツールごとに収集することがポイントです。すべての媒體を通してトレンドになっている情報もあれば、ひとつの媒體だけでトレンドになっている情報もあるからです。

複數の媒體やツールを使って複合的なトレンドをキャッチすることで、トレンド分析もしやすくなります。

では、さっそくトレンド情報をリサーチする5つの方法について紹介します。

探し方1.Googleトレンド

Googleトレンド

毎日の検索トレンドや急上昇しているキーワードを調べる場合、Googleトレンドが役に立ちます。最新ニュースに関連するキーワードや、季節ごとに注目を集めるキーワードがひと目でわかるため、今この瞬間のトレンドを調べたい時に便利です。

期間や地域を指定したキーワードの調査もでき、過去の同時期のトレンド比較をすることも可能です。

探し方2.Yahoo!のキーワードアドバイスツール

自社商品やサービスと関連性の高いキーワードを選ぶ際には、Yahoo!のキーワードアドバイスツールが活用できます。広報活動をするうえではキーワード分析ツールとしての使い方がおすすめです。

「キーワード拡張機能」を使い、GoogleトレンドやSNS、ニュースで収集したキーワードの関連キーワードを調べましょう。トレンド周辺の関連情報が見えてきます。

これにはYahoo!ビジネスIDが必要で、Yahoo!広告ヘルプページで、キーワードアドバイスツールの使い方が詳細に説明されているので、參考にしてみてはいかがでしょうか。

參考:Yahoo!広告ヘルプ キーワードアドバイスツールとは
Yahoo!広告ヘルプ もう悩まない!キーワード選びはキーワードアドバイスツールにおまかせ!

探し方3.SNS

トレンドになっている情報は、TwitterやInstagram、YouTubeなどのSNSを利用してリサーチすることもおすすめです。

各SNSごとで、トレンドにあがる情報は異なります。例えばTwitterは最新ニュースと連動していることが多いため変動が激しく、一時的なトレンド情報をキャッチするのに適しています。Instagramはアカウントの傾向を読み取り情報を表示してくれるので、ジャンルに特化したトレンド情報を知るのに最適です。

SNSによって主な利用層が異なるため、年代別のトレンド情報を知ることができるでしょう。

Talkwalkerアナリティクスなどの、SNS専用分析ツールを使うと日々の収集の負擔が軽減されます。

探し方4.Yahoo!ニュース

Yahoo!ニュース

速報性が高いニュースの情報をキャッチアップするなら、Yahoo!ニュースを確認しましょう。國內外の話題からエンタメ、スポーツ、IT、科學などと、幅広く速報を掲載しているのが特徴です。

2017年にはライブ動畫の配信も始まり、さらにリアルタイムでの情報を知ることもできるようになっています。Yahoo!ニュースを利用しているユーザーによる投票機能や、もっとも注目を集めているニュースのランキングからは世論の動きを摑めるでしょう。

探し方5.新聞、雑誌などの紙媒體

簡潔にまとめられたトレンド情報を知りたい場合は、新聞や雑誌などの紙媒體が最適です。

作家や専門家、その分野での第一人者やプロの書き手が集まっているため情報の質が高いのが特徴です。専門家目線での分析もあり、勉強になる面が多いです。

情報収集

トレンド情報を分析する3つの方法

トレンド情報をキャッチした後は、なぜトレンドになっているのか分析することが重要です。

トレンドには必ず背景が存在します。収集したトレンド情報を分析することで、次のトレンドを予測しやすくなったり、トレンドを先取りして先手を打つことも可能になります。

次に、基本的なトレンド分析方法3つをご紹介します。

分析方法1.年間のトレンドを分析する

毎年トレンドに上がる事象は、過去の傾向を見てトレンドになる時期を予測することが可能です。

年間の注目キーワードを分析するには、期間指定のできるGoogleトレンドを使うのがおすすめです。特定のキーワードを入力し1年間の動きを分析するほか、Google側でまとめた年間の急上昇ワードを見ることもできます。映畫や人名、??とはなどジャンルごとのトレンドワードがわかります。

分析方法2.四季のトレンドを分析する

年間のトレンドの動きを把握した後は、四季ごとに決まったトレンドがないか分析してみましょう。

四季トレンドの調査にもGoogleトレンドの活用がおすすめです。

期間を1ヵ月ごとに括り、調べたいカテゴリを指定して調べると、その期間に急上昇したキーワードを抽出することができます。バレンタインやクリスマス、節分などイベントがいつから注目され始めるのかも分かるので、関連情報を出す適切なタイミングを計る際にも使いたい分析方法です。

分析方法3.年齢?年代ごとのトレンドを分析する

トレンドにあがる事象は、年齢や年代ごとによっても異なります。

年齢や年代ごとのトレンドを分析するには、企業の調査リリースが適しています。調査リリースのおもしろいところは、年代とカテゴリを組み合わせたトレンドの分析がおこなえる點です。

例えば、LINE株式會社では、高校生と読書のカテゴリでトレンドを調査。読書の頻度や読む本のジャンルなどを調査結果として公開しています。こうした情報から年代とカテゴリの組み合わせにおける今後のトレンド予測も立てることが可能です。

參考:【LINEリサーチ】高校生の約8割がふだん「読書する」と回答。「紙の本」派が8割超、「電子書籍」派は1割未満と少數 「君の膵臓を食べたい」は、読書をする高校生の半數近くが読了

リサーチ

トレンド情報をどう活かす?広報がトレンド情報を活用していく5つの方法

広報では、トレンド情報をただ収集して終わりにするだけでなく、自社の広報活動に活用していくまでが仕事です。特に、自社の商品やサービスに関連するトレンド情報は、業務內で活用できることが多いものです。

最後に、トレンド情報を広報活動に活用する5つの方法をご紹介します。

方法1.社內報を作成する

広報がトレンド情報を活かす1つ目の方法は、社內報の作成です。

社內報とは、従業員が自社についてより深く理解?共感し、行動に繋げるために発行される媒體です。従業員が興味を持って社內報を読んでくれるための施策として、トレンド情報と絡めた內容で発行することがあげられます。

社內の出來事と、その背景にあるトレンドとの関連性を掲載したり、その月の世間のトレンド情報の欄を作成したりと、企業ごとの活かし方が考えられます。

方法2.プレスリリースに盛り込む

広報がトレンド情報を活かす2つ目の方法は、プレスリリースの內容に盛り込むことです。

トレンドになっているキーワードをプレスリリースに盛り込むだけでも、そのキーワードに関係するプレスリリースを探している記者に屆きやすくなります。

參考:過去と未來に學ぶ!総評&トレンドウォッチ
トレンドキーワードを徹底的に活用!作成から配信までのSTEP解説

また、トレンドの背景を調査した內容と共にプレスリリースを配信したり、調査リリースとして発信する方法もあります。

例えば、SNSやメディアでトレンドになっている事象や、キーワード抽出ツールで得た情報を元に、トレンドを裏付けるデータを集計。調査內容をプレスリリースにプラスすることで、內容の説得力が増します。

製品やサービスをリリースすることになった背景を示す調査データがあることで、メディアが取り上げやすくなるのです。

方法3.トレンドをフックにメディアへ連絡する

広報がトレンド情報を活かす3つ目の方法は、トレンド情報をフックにして、メディアとのリレーションを図ることです。

自社のプレスリリースをメディアに取り上げてもらいたい場合、情報がマッチしそうなメディアを選定し、直接連絡をする方は多いかと思います。その際に、プレスリリースの內容に関連するトレンド情報をフックに使いましょう。

メディアは新規性やトレンド性、意外性のある情報を扱う傾向にあります。新規性や獨自性の要素が薄い場合は、トレンド性を強調するとメディアに興味をもってもらいやすいのです。

SNSで投稿する

方法4.自社SNSでトレンドに関連する投稿をする

広報がトレンド情報を活かす4つ目の方法は、自社SNSでの投稿ネタにすることです。

広報擔當者の業務のひとつに、自社SNSの運用があります。ネームバリューのある會社でも、SNSのフォロワーを増やすのは至難の技。

フォロワーを増やすひとつの手段として、トレンドに関連する投稿をする方法があります。Twitterではトレンド情報をチェックしているユーザーは多いので、ハッシュタグをつけて投稿することで多くの人の目にとまる機會を増やせます。

方法5.勉強會、意見交換會などのイベントを行う

広報がトレンド情報を活かす5つ目の方法は、イベントを行うことです。

例えば、業界內のトレンドと自社のサービス內容に関わりがある場合、自社のノウハウを社外の人に伝える勉強會、意見交換會などのイベントを行うことができます。また業界の第一線で活躍する方に登壇してもらうイベントも良いでしょう。

業界トレンドをフックにして、今まで繋がりを持てなかった他業界の方と交流する機會を増やせます。

収集したトレンド情報をどのように業務に活かせるかを常に考える

日々移り変わるトレンド情報を収集することは、それだけで多くの時間を費やしてしまいがちです。ただし、広報として重要なのは「トレンドを知る」ことではなく「トレンドを広報活動に活かす」ことです。

たくさんトレンドを収集しても、ただ収集して終わりになってしまうと意味がありません。収集した情報の中から自社の広報活動に活かせるものはないか、常に考える習慣を身につけることを意識してみてください。

また、トレンド情報に偏りを持たせないため、本記事で紹介したような複數の方法で収集することを習慣化できるといいでしょう。

まずは、トレンドを活用した広報の一手を打ってみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

佐藤杏樹

フリーのライター?編集者。PR TIMESに新卒入社しメディア事業部にてコンテンツ編集者?SNS運用?イベントなど擔當。現在も執筆業に攜わりながら広報?PRの仕事もしています。広報実務を通して得た知見や実踐しやすい広報ノウハウ、最初に知っておきたい広報の基礎など、みなさまに分かりやすくお伝えします。

この記事に関連する記事

今注目の記事

暖暖日本在线观看高清中文-暖暖视频 高清 日本
宜丰县| 海口市| 芮城县| 曲阜市| 民勤县| 化州市| 德江县| 瓮安县| 疏勒县| 台安县| 古蔺县| 滕州市| 镇江市| 汤原县| 鹤壁市| 方城县| 建阳市| 兴隆县| 和龙市| 金沙县| 厦门市| 堆龙德庆县| 荆门市| 临沧市|