有機PV太陽電池市場-アプリケーション別(太陽光発電、暖房、その他);およびエンドユーザー別(住宅、産業、商業、その他)-世界の需要分析と機會の見通し2030年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「有機PV太陽電池市場:世界的な需要の分析及び機會展望2030年」2021年11月 17日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を與えるさまざまな要因を提供します。レポートは、予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-3513

世界の有機PV太陽電池市場は、2022-2030年の予測期間中に約18%のCAGRで成長すると推定されています。世界の有機PV太陽電池市場の成長は、軽量、有機的に使い捨て、安価な製造、柔軟性、分子レベルでのカスタマイズなど、シリコンセルに対する有機太陽電池のさまざまな利點に起因する可能性があります。有機PV太陽電池は導電性有機ポリマーで構成されており、環境にやさしいため、市場での需要が高まると見込まれています。

さらに、太陽エネルギーの使用を促進するための政府のイニシアチブの高まりは、市場の成長を促進すると推定されています。國際エネルギー機関(IEA)の統計によると、2019年の太陽光発電は22%増加しており、これは720TWhを超えるエネルギーに相當します。有機太陽電池は安価であり、したがってより手頃な価格であるため、太陽エネルギーの採用はさらに改善すると推定されています。これにより、従來の太陽電池よりも採用が改善されると推定されています。エネルギー需要の増加と持続可能な経済を促進するための持続可能なエネルギー戦略の実施につながる人口の増加は、有機PV太陽電池市場の成長に大きく貢獻しています。IEA(國際エネルギー機関)の統計によると、2017年の世界の総発電量は2016年と比較して2.5%増加しました。その中で、OECD諸國の総発電量は11,051 TWhでしたが、非OECD諸國では14,670TWhを記録しました。環境への影響を考慮しながら、増大するエネルギー需要を満たすためのイニシアチブの増加は、今後10年間で有機PV太陽電池市場の成長を促進すると推定されています

レポートの主なハイライト
  • 市場調査は、SWOT分析、バリューチェーン分析、PESTEL分析などのさまざまなツールに基づいて、市場の詳細な分析が提供されます。
  • レポートでは、多くの業種の最近の傾向と動向について説明しています。
  • 統計の視覚的表現として、いくつかの表、チャート、グラフが含まれています。
  • レポートに記載されているビジネス戦略により、投資家や組織は情報に基づいた意思決定を行うことができます。

有機PV太陽電池市場におけるキープレイヤー

レポートは、市場のさまざまな主要企業の企業プロファイリングで構成されています。會社概要、會社の財務、合併、買収、最近の動向、各會社のリスク分析含まれています。有機PV太陽電池市場における業界のリーダーはBrite Solar、Novaled GmbH、New Energy Technologies, Inc.、Eni S.p.A.、NanoFlex Power Corporation、Solarmer Energy, Inc.、Optodot Corporation、infinityPV、Heliatek、Cybrid Technologies Inc.などです。

 有機PV太陽電池市場のセグメンテーション

有機PV太陽電池市場は、アプリケーション別(太陽光発電、暖房、その他);およびエンドユーザー別(住宅、産業、商業、その他)などによって分割されています。市場の過去と現在の統計は、各セグメントとそのサブセグメントを分析するために使用されます。各セグメントの市場シェアと成長がさらに評価されます。

 有機PV太陽電池市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東?アフリカなど地域によって分割されています。

現在、アジア太平洋地域の市場は、中國、インド、日本などの國々に多數の太陽光発電所が存在することを背景に、予測期間中に注目に値する市場シェアを保持しています。過去5年間で、中國の太陽光発電生産量は550%以上、日本は143%、インドは750%、シンガポールは525%増加しました。日本は143%、インドは750%、シンガポールは525%増加しました。太陽エネルギーの採用の増加、およびシリコン太陽電池よりも有機太陽電池が提供する利點は、地域市場の成長を後押しするとさらに推定されています。

北米地域の市場は、主要な市場プレーヤーの存在と地域での新技術の高い受け入れにより、予測期間を通じて最大の市場シェアを獲得すると予想されます。さらに、再生可能エネルギー源への政府投資の増加、およびソーラーパネルの設置に対する連邦稅制優遇措置などの有利な政府の政策も、市場の成長を後押しすると推定されています。

有機PV太陽電池市場は、地域に基づいてさらに區分されます。
  • アジア太平洋(中國、インド、日本、韓國、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米國およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長國連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英國、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

 レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-3513

 Research Nester Private Limited會社概要

LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ會社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が將來のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/

【調査レポートの日本語に詳細內容について】

https://www.researchnester.jp/reports/organic-pv-solar-cells-market/3513

【調査レポートの詳細內容について】

https://www.researchnester.com/reports/organic-pv-solar-cells-market/3513
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業擔當者の連絡先や、イベント?記者會見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※內容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 有機PV太陽電池市場-アプリケーション別(太陽光発電、暖房、その他);およびエンドユーザー別(住宅、産業、商業、その他)-世界の需要分析と機會の見通し2030年